ハイビスカスの剪定を草取りの導入と平行して活用

ガーデニング

チェックすべき内容

庭 大体1平方メートルあたり500円から1,000円位で、草取り作業を実施してもらえます。 草取り作業を実施してもらう事で、確実にスペース分の作業を実施してもらえます。からだへの負担を抑えられる事になります。

詳しくはこちら

環境改善の方法

庭

雑草が生い茂る荒れた庭は見た目も悪いですし虫が繁殖しやすくなります。とは言え草取りは面倒ですが、労力を使わず効果的に取り除く方法として草刈機を使用すると良いです。費用を抑えたいのであればレンタル製品を利用すれば良いですし、サッと処理して更地にしたらスコップ等で値を取り除くようにしましょう。

詳しくはこちら

管理の仕方

自分では大変な剪定に関することはコチラにおまかせしましょう。お庭が見違えるほど綺麗になりますよ。日本全国対応してます。

自分で草むしりするのに負担がかかると感じているならこちら。年中無休で対応してくれるのでお勧めですよ。

ハイビスカスの年越し

庭

ハイビスカスはアオイ科に属し、熱帯や亜熱帯を中心に生息する植物です。寒さには強くなく、冬場5℃以下になってしまう寒冷地では、地植えでは年越しは難しいでしょう。また熱帯の植物であれば高温でも耐えられると思われがちですが、暑すぎたり風通しが悪いところも苦手であり、夏場は風通しの良い所で管理しましょう。ハイビスカスの開花時期である5月から10月を経て、花が咲き終わった後の剪定方法は、枝を長く残さず半分の大きさを目安にしてバッサリと切り落としてしまいましょう。こうすることで、冬場寒さにあたる部分が少なくなり冷害を受けにくくなります。コンパクトに剪定し、冬場は5℃以下にならない、明るい室内などにとりこむようにすると、次の年も花が咲き新しく買う必要がなく経済的です。

管理方法、育て方の豆知識

他の植物と比べるとハイビスカスは、根がのびるのがはやい植物です。鉢植えでは1年で根がいっぱいになってしまいますので、毎年一回り大きな鉢に植え替えなければなりません。根が詰まってしまうと、年を越しても花が咲かない場合があります。あまり大きな株にしたくない場合は、根の剪定も行う必要があります。剪定方法は一度ハイビスカスを鉢から抜き、根を3分の1程度切ってしまいましょう。この時に、根を切り取りすぎると、株がダメージを受けてしまうため慎重に行うようにしましょう。また、水やりは、花の開花中は乾いたらたっぷり与えるようにします。夏場は毎日乾いてしまうため、毎日水やりを行うことになります。開花時期ではない冬場も、毎日ではなくなりますが乾いたら水やりを行うことで綺麗な花を咲かせることができます。

維持管理に困っている人必見です。草刈りや整備事業を行ってくれるので、労力をかけずに農地や空き地を管理することができます。

庭のデザインとしてもよく利用されているハイビスカスは剪定してもらうことも大切です。プロのテクニックで綺麗な仕上がりにしてくれます。

機械的作業の導入

庭

田んぼの草取りは手でやると大変です。しかし、チェーン除草器が登場し、格段に草取りが楽になりました。今では、竹ぼうきなどを使った除草器があり、改良が続けられています。その竹ぼうき除草器の特徴として挙げられるのは、軽さです。

詳しくはこちら